国際シンポジウム開催レポート

三井化学 触媒科学国際シンポジウム(MICS)

三井化学は、「地球環境との調和のなかで、材料・物質の革新と創出を通して広く社会に貢献する」ことを目指し、基盤技術である触媒科学の発展のために、2003年より隔年で「三井化学 触媒国際シンポジウム(MICS)」を開催しました。
シンポジウムの様子をご覧ください。


三井化学 第5回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2011)

テーマ:持続可能な社会を実現する触媒科学
開催日  2011年3月9日(水)、10日(木)

当日の模様はこちらから

三井化学 第4回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2009)

テーマ:人類の発展に貢献する触媒科学
開催日  2009年3月11日(水)、12日(木)

三井化学 第3回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2007)

テーマ:重合触媒 -現在そして未来-
開催日  2007年3月14日(水)、15日(木)

三井化学 第2回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2005)

テーマ:精密合成を目指したグリーン触媒最前線
開催日  2005年3月22日(火)、23日(水)

三井化学 第1回 触媒科学国際シンポジウム(MICS2003)

テーマ:重合触媒最前線
開催日  2003年3月17日(月)、18日(火)



レーン教授先端材料シンポジウム

"超分子化学"の提唱者であるレーン教授と、先端材料分野において第一線でご活躍されている国内外の先生方をお招きし、次世代を担う機能性材料創出のための技術交流を目的にシンポジウムを開催しました。

開催日  2008年10月15日(水)



シンガポール国際シンポジウム(SIS2006)

シンガポール政府機関であるEDB(経済開発庁)およびA*STAR(科学技術研究庁)との共催により、「シンガポール国際シンポジウム」を開催しました。

テーマ:先端材料とケミカルズにおける進展
開催日  2006年4月17日(月)、18日(火)



三井化学シンポジウム at ISIS-ルイ・パスツール大学

基礎科学分野で世界第一線に位置づけられているフランスのルイ・パスツール大学(ULP)。三井化学は2002年10月に完成した同大学の新しい研究所(ISIS)において、「三井化学シンポジウム at ISIS-ルイ・パスツール大学」を開催しました。

テーマ:新しい機能を発現させる先端材料
開催日  2004年11月22日(月)