タフマー®
α-オレフィンコポリマー

タフマーは、当社が独自の重合技術で開発した、非晶性もしくは低結晶性のα-オレフィン共重合体です。

  • 柔軟性
  • 軽量
  • 低温シール性
  • 耐衝撃性
  • イージーピール性
  • 熱収縮性
  • 透明性
  • 相容性
  • 衛生性

概要

タフマーは、樹脂の性質を飛躍的に向上させる樹脂改質材として、また柔軟で軽量な軟質成形材として、自動車部品、包装材料、スポーツ用品、電線、土木資材、建装材、文具、日用品など幅広い分野で使用されています。

特性

軽量・柔軟性

低比重で柔軟なオレフィン系樹脂です。

低融点

当社独自の重合技術により、従来のポリプロピレン・ポリエチレンと比較し、低融点化を実現しました。

良相容性

ペレット形状で各種樹脂とのブレンドも容易なうえ、ポリオレフィンとの相容性に優れています。

衛生性

ポリオレフィン等衛生協議会の自主規制基準、FDA、EU Directiveなどに適合した銘柄を数多く取り揃えています。

用途

  • 自動車部品(バンパー、インストルメントパネルなど)
  • 包装材料(低温ヒートシーラブルフィルム、イージーピールフィルムなど)
  • スポーツ用品(スポーツシューズのミッドソールなど)
  • 電線(被覆材など)