2015ミラノ万博に新しい作物栽培システムiCASTのコンテンツを提供

2015年5月1日~10月31日まで、イタリア/ミラノで開催されるミラノ国際博覧会日本館の出展テーマは、「Harmonious Diversity -共存する多様性ー」。

これまで日本人が培ってきた、「自然と寄り添い、多様な恵みを育んできたHarmony」「日本食に詰め込まれた多様な知恵と技のDiversity」。
それらは、食糧問題など地球規模の課題に貢献する大きな可能性を秘めています。

三井化学はこのたび、ミラノ万博日本館のコンセプトに賛同し、協賛するとともに、節資源で環境に優しい全く新しいコンセプトの作物栽培システム「iCAST®」のコンテンツを提供いたします。

「iCAST®」は、植物が生育するために必要な水や養液の量を、人がコントロールするのではなく、「植物が好きな時に、好きなだけ吸収できる」植物依存型をコンセプトとした作物栽培システムです。

このシステムは、貴重な水や肥料などの使用量を大幅に削減でき、土壌や地下水への影響を抑え、なおかつ作物の生育を最大化させることが可能です。

深刻化する食糧問題へのSolutionの一つとして、世界の皆様にご紹介いたします。

iCAST®の特徴pdfファイルを開く



  • 「お問い合わせ」各種お問い合わせはこちらからお願いします。

最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Get Adobe Reader