三井化学、ESG投資のための新たな3つの株価指数の構成銘柄に採用

2017年7月7日
三井化学株式会社

三井化学株式会社(所在:東京都港区、代表取締役社長:淡輪 敏)は、FTSE Russell社による「FTSE Blossom Japan Index」、米国MSCI社が開発した「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」および「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」の3つの株式指数の構成銘柄に採用されました。

この3指数は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の要素に配慮した投資である「ESG投資」のための株価指数として公募し、選定したものです。

「FTSE Blossom Japan Index」は、ESGの対応力に優れた日本企業のパフォーマンスを反映するIndexで、国連の持続可能な開発目標(SDGs)等国際基準に準拠しており、既に国際的に高く評価されている FTSE4Goodに沿ったESG基準が採用されています。また、業種ニュートラルとなるように設計されています。

「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」は、MSCIのESG格付けを活用し、各業種においてESG評価が相対的に高い企業で構成されます。また、「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」は、テーマ別指標として、各業種から性別多様性スコアが高く、女性活躍への取組みを推進している企業で構成されています。

今回、新たに3つの株価指数の構成銘柄に採用されましたが、当社はこれまでに、「FTSE4Good Index」の他、モーニングスター社による「モーニングスター社会的責任投資株価指数(MS-SRI)」や、損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント(SNAM)が運用する「SNAMサステナビリティ・インデックス」等の社会的責任投資(SRI)インデックスにも採用されています。

今後も、事業活動を通じた社会と当社グループの持続可能な発展を目指し、ステークホルダーの皆様の信頼に応える活動に積極的に取り組んでまいります。

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 コーポレートコミュニケーション部TEL: 03-6253-2100

三井化学、ESG投資のための新たな3つの株価指数の構成銘柄に採用 (PDF: 371KB)pdfファイルを開く