創業 Mitsui Chemicals

1 0 6

年

歴史を受け継ぎながら、時代に合わせて発展を続けています。
三井鉱山の石炭化学事業に端を発し、連綿と紡がれた歴史は100年以上。
常に時代のニーズに応える製品を送り出しています。
(2017年3月末現在)

  • 三井鉱山 現大牟田工場にて操業開始
  • 東洋高圧工業設立 合成アンモニア・化学肥料などの事業を拡大
  • 三井化学工業設立 有機合成化学事業を強化
  • 1948年 世界初肥料用尿素の大量生産開始 食糧増産に貢献
  • 三井石油化学工業設立 三井系8社の総力を結集 石油化学事業へ進出
  • 1958年 日本初エチレンプラント操業 高度成長期の日本の石油化学発展に貢献 日本初ポリエチレン工業化
  • 三井東圧化学発足 総合化学会社としてのスタート
  • 1997年 三井化学発足 世界で存在感のある総合化学会社へ
  • 1990~2000年代 グローバル展開を加速生産拠点を整備し、グローバルな供給体制構築 PPコンパウンド(アメリカ) タフマー®(シンガポール)

Clickアイコンを押すと、その年代のイベントが表示されます!

  • 下へ

海外売上高比率 Mitsui Chemicals

4 2

%

グローバルに存在感のある化学企業グループを目指して、
積極的に海外展開を進めています。
三井化学発足当時、1997年には17%であった海外売上高比率は、2016年度には42%にまで増加しています。
(2017年3月末現在)

日本

欧州

5%

アジア

14%

中国

10%

北・中・南米

13%

その他

アジア:日本、中国を除く

海外売上高比率 45%

海外売上高比率 45%

  • 下へ

従業員数 Mitsui Chemicals

1 3 4 2 3

人

人材の相互交流から生み出される多様性は、
三井化学グループの競争力の源泉の1つです。
世界中で多くの従業員が活躍しています。海外事業の発展にともない、海外在籍者比率は33%になりました。
(2017年3月末現在)

日本 8,996人

欧州 1,100人

アジア 1,175人

中国 758人

北・中・南米 1,387人

その他 7人

アジア:日本、中国を除く

海外在籍者比率 33%

  • 下へ

営業利益目標 Mitsui Chemicals

2 0 0 0

億円

社会と三井化学グループの持続可能な成長に向けて、
2025長期経営計画をスタートしました。
新たな顧客価値を創造し、事業活動を通じて
社会課題を解決する企業グループを目指します。

  • 下へ

目指すポートフォリオ Mitsui Chemicals

5

領域

強みを活かせる領域を目指す事業ポートフォリオと定め、
変革を進めています。
成長を牽引する4つのターゲット事業領域と、あらゆる産業や社会を支える基盤素材を展開しています。

成長を牽引するターゲット事業領域

モビリティ

Click

ヘルスケア

Click

フード&パッケージ

Click

次世代事業

Click

産業や社会を支える事業領域

基盤素材

Click

自動車をはじめとする、人や物のあらゆる移動手段に対して、多様化するニーズに貢献しています。

MORE

健康で安心な長寿社会の実現に向けて生活の質(QOL)の向上に貢献しています。

MORE

フードロス・廃棄の削減、農作物の安定生産、食の安全・安心の実現に貢献しています。

MORE

基盤となる素材や技術を広く提供し、産業や地域を支えています。

基盤となる素材や技術を広く提供し、産業や地域を支えています。

  • 下へ

暮らしの中の三井化学 Mitsui Chemicals

化学には、産業の発展や豊かな暮らしを支える大きな役割があります。
地球規模での課題や暮らしの中の身近なニーズまで、革新的な技術や製品でソリューションを提供しています。

世界No.1

メガネレンズ材料 Click

アジアNo.1

衛生材料用不繊布 Click

世界No.2

自動車材PPコンパウンド Click

アジアNo.1

高機能包装用シーラント Click

生産性1.5倍

水稲用殺虫剤 Click

  • Go to top
© Mitsui Chemicals, Inc. All Rights Reserved.