PDFダウンロード

ターゲット事業領域における価値創造


世界の自動車生産台数は年3%の成長が見込まれており、軽量化や安全性に加えて、意匠性や快適性などの新たなニーズが高まっています。当社グループは、幅広い材料ラインナップ、高い技術力と品質を活かして、多様化するニーズにいち早くソリューションを提供していきます。

モビリティ製品ラインナップ

自動車に使われる樹脂の重量は総重量の約10%の100kg程度。3万点の部品の70%に相当します。当社グループの得意とする高機能樹脂やコンパウンド製品で、さまざまな社会のニーズに応えていきます。

世界をリードする製品

  • 世界No.2,アジアNo.1 バンパー

    PPコンパウンド プライムポリプロ®
    タフマー®
    ・軽量化
    ・耐衝撃性
    ・意匠性
  • 世界No.3,アジアNo.2 内装表皮

    オレフィン系
    熱可塑性エラストマー
    ミラストマー®
    ・リサイクル可能
    ・密度・軽量化
    ・意匠性
  • アジアNo.1 ドアシール材

    エチレンプロピレンゴム 三井EPT™
    ・加工しやすい
    ・耐候性、耐熱性
  • 世界No.1 燃料タンク

    接着性ポリオレフィン アドマー®
    ・多層成形可能
    ・樹脂製軽量化
  • 業界最大手Lubrizol社との提携

    液状ポリオレフィンオリゴマー ルーカント®
    ・燃費向上
    ・長寿命化

新たな製品展開

  • 車載カメラレンズ

    アペル®
    ・軽量化
    ・小型化
    ・安全・安心

    スマートフォン向け材料からの用途展開。
    耐熱性能を向上し、車載用途を開拓中。

  • リチウムイオン電池安全材料

    STOBA®
    ・耐久性
    ・安全・安心
    ・軽量化

    台湾工業技術研究院から独占ライセンス取得
    性能向上を図り、車載用途を開拓中

  • 金属樹脂一体成形部材

    ポリメタック®
    ・軽量化
    ・製造工程削減

    射出一体成形により、ねじ止めや溶接工程不要
    アルミ+ナイロン樹脂で、金属部品と同強度で1/2の軽量化を実現

  • エンジン周辺部品

    アーレン®
    ・耐熱性
    ・燃費向上

    ウォータージャケット部に挿入して使用

  • 外装材料

    ガラス繊維強化材料
    炭素繊維強化材料
    ・軽量化
    ・燃費向上

    バックドア、ボンネット内側パネル等

金属樹脂一体化技術「ポリメタック」


当社グループは、これまで不可能だったさまざまな金属と樹脂の強固な接着・接合を可能にする金属樹脂一体化技術ポリメタック®を開発しました。ポリメタック®は、ねじなどの締結部品の点数を大幅に削減することができ、軽量化だけでなく、製造工数の削減にも貢献します。

2015年、Aerosense社の無人航空機の骨格部品として、炭素繊維強化プラスチックとアルミジョイントの一体化部品が採用されました。当社グループが形状設計から全面的に担当し、シンプルな骨格、剛性の向上、大幅な軽量化を実現。飛行距離の延長にも貢献しています。

現在ポリメタック®は、2020年頃のモデルへの採用を目指し、自動車部材向けに部品メーカーとの共同開発が進んでいます。

世界No.1を目指すPPコンパウンド事業

当社グループの自動車材PPコンパウンド事業は、世界シェア2位、日系自動車メーカー向け約6割のトップシェアを誇っています。また、米国自動車メーカー向けにも高い実績を築き、北米内で既に約3割のシェアを有しています。
PPコンパウンドは、PPだけでは実現できない性能を付与するために、他の樹脂や添加剤などを混練・複合化した材料です。当社グループは、得意とする材料設計技術や独自樹脂の配合等により、さまざまな顧客ニーズに応える高品質な製品を提供し高い評価を得てきました。
世界8つの地域の生産拠点と5つの地域の研究拠点を有し、自動車メーカーのグローバル戦略にスピーディに対応できる体制を構築しています。
需要拡大や新たなシェアの獲得に合わせて逐次生産能力の増強を進め、成長市場を確実に捉えてさらなる事業強化を図ります。

当社グループシェアと市場成長率

General Motors Company 2015 Supplier of the Year 受賞

米国子会社のAdvanced Composites社が、米国自動車会社メーカーGeneral Motors Company(GM社)よりSupplier of the Yearを受賞致しました。 この賞は、継続的に、GM社の期待を上回る優れた価値を創造し、新たなイノベーションをもたらしたサプライヤーを表彰するものです。
2012、2013年に続き3回目の受賞となります。

顧客との共創


顧客に何を求められているのか、ユーザーが本当に欲しいものは何なのか。
自動車業界をはじめ、多くの方々のご講演や意見交換の機会をいただき、新たな価値の共創を目指しています。

新しいクルマ、新しい価値の創出には、様々な業界とのタッグが必須。今までの常識にとらわれない、突き抜けた発想の材料を探しています。
社会に役立つ新しい材料を、我々がクルマという形にして社会に貢献していきたい。素材メーカーへの期待は大きいのです。

(2015年6月12日講演会より)

トヨタ自動車株式会社
有機材料技術部長
間瀬 清芝 様

自動車産業の課題に対して、「各OEMのニーズを個別に調査して、何が正解か?」を探るだけではなく、「私たちの材料はこういう課題に対しこのように貢献できます」と具体的な提案もしてほしい。そこではじめて対等な議論が始まります。

(2016年1月28日講演会より)

株式会社本田技術研究所
四輪R&Dセンター
マネージャー 主任研究員
石橋 正人 様


モビリティ事業は当社収益の中核。
軽量化、電装化等の自動車産業の変革に機敏に対応し、グローバルに弛みなく成長を継続していきます。また、当社の“モビリティ”は『動くもの』全てが対象です。ICTからロボット、航空機まで。市場が求める新しい価値を、化学の力で具現化していきます。

常務執行役員 モビリティ事業本部長 下郡 孝義