PDFダウンロード

特集 : Share Our Vision ー 共創

  • Our Vision
  • 本当に欲しいもの、“うれしさ”を届けたい
  • 社会にとってお客様にとって本当に価値のある技術、製品サービスとは何か。
    客様の声に誠実に向き合い、三井化学グループの総合力を駆使してソリューションを提供していきます。

To Our Stakeholders

「こんなものがあったらいい」、「こんなことはできないか」 顧客の要望をかみ砕き、その深層ニーズを探る。そしてそれをどう技術に翻訳して実現させ、形として見せるか。顧客先での生産性やその先の消費者まで視野に入れ、お客様との対話を繰り返しながら、本当に必要とされる技術や製品、ソリューションを提供していきたい。
顧客との信頼関係が研究開発力の源泉です。真のソリューションプロバイダーとして、「まずは三井化学に聞いてみよう」と言われる会社を目指します。

From Our Stakeholders

Action

  • 2014中期経営計画「新たな顧客価値の創造」
  • 新事業・新製品創出戦略
  • 研究開発戦略

Indicator

  • 営業利益
  • ROA, ROE
  • 研究開発費
  • Our Vision
  • 世界の仲間と相互信頼を築き、会社の発展と自己実現を両立する
  • 人材は価値創造の源泉です。互いに刺激しあいより良い方向へと高めあえるように、「人を大切にすること」を根底に、「三井化学グループの持続的成長」と「従業員の幸福と自己実現」の両方の達成を目指します。

From Our Stakeholders

私の使命は、三井化学グループのインド事業を早期に拡大させること。その鍵を握るのは現地社員の育成です。その土地をよく知り、そこに暮らす人自身が、自分に何ができるのかを考えることがもっとも近道なはず。一部社員のポジション登用に留まらず、全社員に三井化学流の考え方をしっかり浸透させ、その下で事業創出していけるような仕組みと文化を築く。それが本当の経営現地化だと思っています。

井化学インディア 社長 大村俊博

三井化学インディアは若く活力に満ちた会社です。一方、三井化学には長い歴史があり、そこに築かれた文化がある。その1つは「信頼して任せる」こと。これは、インドという勢いのある成長市場の中にあって、社員が会社と共に成長していけるチャンスがあるということです。私は若い社員を教育し、モチベートしながらゴールに向かって導いていきたいと思います。
本社とインドの信頼関係を構築し、スピード感を持って事業拡大を目指します。

三井化学インディア 副社長 Suraj Arya

Action

  • グローバル人材育成
  • ダイバーシティ推進
  • 健康経営

Indicator

  • 現地人材登用比率
  • 女性社員比率
  • 管理職の女性比率
  • Our Vision
  • 安全は、自分自身のため、家族のため、同僚のため、社会のため
  • 「安全はすべてに優先する」
    安全な生産活動は経営の絶対条件であり、企業存続の大前提です。
    安全文化の醸成に向けて、技術力の向上や伝承を図るとともに、地道な安全活動を継続していきます。

From Our Stakeholders

安全意識を高めるのは大変ですが、安全文化として醸成することは更に難しいことです。それはいかに正しい安全習慣と行動を浸透させるかにかかっています。リーダーには、安全文化の醸成のため、職場で率先して行動する役割が期待されています。
安全な労働環境と安全に働く社員の確保のために、SCG Chemicalsでは毎日安全を根づかせることを強力に推進しています。
三井化学グループとの協力により、SCG Chemicals Operation Excellence Training Centerが立ち上がりました。ベテラン運転員から安全知識や最善のオペレーション技術を習得することができます。そして、その知識は新入社員に有効で安全な化学工場の操業のために引き継がれます。
私たちは安全が持続可能な事業の成長を支える基盤であると確信しています。

SCG Chemicals Co., Ltd 社長
Cholanat Yanaranop 氏

Action

  • レスポンシブル・ケア活動
    ・ 労働安全
    ・ 保安防災

Indicator

  • 重大労災度数率
  • Our Vision
  • 率直に語り合い、持続的な利益成長と利益還元で信頼に応える
  • 株主・投資家の皆さまからの信頼にお応えできるよう、経営の透明性を高めるとともに、ご意見を真摯に受け止め、企業価値の更なる向上を目指します。

From Our Stakeholders

三井化学グループは、経営トップからのメッセージの発信や情報開示にとても前向きに取り組まれています。
今後も、株主、投資家、アナリストとの建設的な対話―“共創”により、企業価値の向上、そして時価総額の向上を目指していただきたいと思います。

モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社
株式調査部 マネージングディレクター
渡部 貴人 氏

Action

  • トップメッセージの発信
  • 経営戦略、財務戦略
  • IR活動の充実

Indicator

  • Net D/Eレシオ
  • 連結配当性向
  • 自己資本配当率(DOE)
  • Our Vision
  • 三井化学らしいガバナンスのあり方と企業価値向上を目指す
  • 社外取締役の方々の経験をもとにしたさまざまな指摘や提案を頂き、よりよい三井化学グループを目指して、共に改革を進めていきます。

From Our Stakeholders

“共創”とは、夢を共にすることから始まります。どんな社会を作りたいかをお客様と語り合い、一緒にソリューションを編み出していくことが、お客様との長期的関係性構築と三井化学グループの企業価値向上につながるでしょう。社員一人ひとり、そんな気概をもって進んでもらいたいと思います。

社外取締役 黒田 由貴子

これからの取締役会は、もっと長期的な企業戦略に力点を置いた議論がより重要になっていくでしょう。中長期的な姿を見極めるには、外から見ているだけでは分かりません。相手が何を望んでいるのか、自分は何を期待されているのか。顧客のところへ飛び込んでいって、新しい素材、製品の開発につなげてほしいと思います。

社外取締役 鈴木 芳夫
(2016年6月)

Action

  • コーポレート・ガバナンスの充実
  • リスク・コンプライアンスマネジメント

Indicator

  • 取締役会実効性評価
  • Our Vision
  • ずっと残していきたい豊かな地球と次世代との対話
  • 「地球環境との調和」を経営理念に掲げ、環境保全に配慮した事業活動を進めています。
    地球に暮らす私たち共通の願いであるSustainable Growthのために、次代を担う子どもたちに化学の楽しさと可能性を伝える活動や、地域の活性化にも貢献します。

To Our Stakeholders

「ゲンジボタルを初めて見た!」 「こんなにたくさんの生き物がいて驚いた!」 田んぼには多くの生き物が生息していることを、より多くの方に知ってもらいたい。
農家や消費者の方々と生き物調査を体験しながら、これからの農業や食、環境について真剣に考えていく活動「田んぼの生き物調査」を実施しています。近隣小学校の子どもたちと田んぼに入り、多様な生物を観察するイベントも提供しています。
農薬を製造・販売するだけでなく、農薬の水田の生き物に及ぼす影響を調査して製品の改善や開発につなげ、環境保全と高品質な製品サービスの提供を行っていきます。

Action

  • 事業を通じた環境・社会への貢献
  • レスポンシブル・ケア活動
    ・ 環境保全
  • 地域に密着した社会貢献活動

Indicator

  • 環境貢献指標-Blue Value®
  • GHG排出量
  • 産業廃棄物埋立率