日経アニュアルリポートアウォード2016優秀賞受賞

2017年2月6日
三井化学株式会社

三井化学株式会社(社長:淡輪敏)は、この度、日本経済新聞社による「日経アニュアルリポートアウォード2016」にて、優秀賞を受賞しました。2014年度に続く受賞となりました。

「日経アニュアルリポートアウォード」は、日本企業が発行するアニュアルリポートの更なる充実と普及を目的として、1998年より毎年開催されています。現役のファンドマネージャーやアナリスト等が、多岐にわたる審査基準により厳正に審査を行い、特に優れたレポートを表彰するものです。
第19回となる2016年度は、85社が参加し、その中から、グランプリ1社、準グランプリ4社、優秀賞14社、特別賞2社が選出されました。

当社の受賞理由として、

個人投資家にも配慮し、経営の方向性が伝わる。
成長のけん引役を3領域に絞って解説し分かりやすい。
ステークホルダーの生の声を多く取り上げ、読者に現実感と一貫性が伝わり、一気に読める。

などが挙げられました。

当社は本年より、アニュアルレポートをより進化させた “三井化学レポート”とし、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆さまに、当社グループの中長期的な価値創造への理解を深めていただくとともに、“質の高い対話”のプラットホームとなる報告を目指しました。本取り組みが、受賞に繋がったものと考えます。

今後もより一層、株主・投資家の皆様のご理解と信頼を得られるよう、積極的な情報開示と皆様との対話を重視し、IR活動の取り組みを強化してまいります。

本賞に関する詳しい情報は主催者ウェブサイトをご参照ください。

三井化学レポートはこちらからダウンロードいただけます。

以上

本件に関するお問い合わせ先

三井化学株式会社 コーポレートコミュニケーション部TEL:03-6253-2100

日経アニュアルリポートアウォード2016優秀賞受賞 (PDF : 420.8KB)pdfファイルを開く