労働安全衛生

三井化学グループは、全社を挙げて「事故・労働災害の防止」に取り組んでいます。

従業員の生活習慣病およびメンタルヘルス対策については、「社員の健康づくり」をご覧ください。

マネジメントシステム

方針

「レスポンシブル・ケア基本方針」に基づいてレスポンシブル・ケア活動に取り組んでいます。

体制・責任者

レスポンシブル・ケア委員会担当役員を委員長とし、「労働安全・衛生」の所管部長(安全・環境技術部長、人事部長)、各事業本部担当部長を委員とするレスポンシブル・ケア委員会において、「労働安全・衛生」に関する方針・戦略および計画の立案、実績評価、レスポンシブル・ケアシステムの見直しを行います。
「労働安全・衛生」担当部署は日頃から情報交換を行って、全社に関わるレスポンシブル・ケア活動「労働安全・衛生」の推進を図っています。

モニタリング方法

レスポンシブル・ケア委員会を定期的に開催し、レスポンシブル・ケア活動に関する計画の進捗管理、および実績の評価を行っています。

成果・レビュー

レスポンシブル・ケア委員会にその成果を都度報告し、次年度計画に展開しています。

目標と実績

2015年度の目標

  • 労働災害防止対策の強化
  • 同型労働災害の防止対策の実施

2015年度の実績と評価

達成度C

  • 重大労働災害 度数率 0.30(目標0.15以下)

国内・海外工場共に重大労働災害度数率が前年度に比べて増加し、三井化学グループ(国内外含む)全体の2015年度 重大労働災害度数率は0.30となりました

重大労災
・ 業務に直接関わるもので、休業・死亡に至った労働災害
・ 不休業または微傷災害のうち、原因が重大で死亡または休業に至る恐れのあった労働災害
・ 重大労働災害度数率の集計範囲は、レスポンシブル・ケア支援対象会社で連結子会社

2016年度の目標

  • 基本事項のさらなる徹底
  • 同型労災の防止対策の推進

※ 自己評価による達成度:A 95%以上、B 70%以上95%未満、C 70%未満

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。