三井化学グループのCSR

三井化学グループは、「本業を通じて企業理念を具現化すること」を当社グループのCSRとして活動しています。また、すべてのステークホルダーから信頼・評価され、社員が誇りを持てる会社になるよう様々な取り組みを行っています。

ISO26000に対する考え方

2010年11月に社会的責任に関する国際規格である「ISO26000」が発行されました。この規格は、組織の社会的責任とは何か、どのように取り組んでいくのかなどについてのガイダンスで、企業のみならずすべての組織を対象としています。
この規格はほかのISOとは異なり認証が求められるものではありません。しかし、従来からステークホルダーの皆様の声に対して敏感でありたい、そしてその声を自社の取り組みに積極的に取り入れていくべく努めている当社グループにとっては、このガイダンスに沿って取り組みの重要性、優先順位などが確認できるため役に立つものと考えています。さらに、様々な当社グループの取り組みの内容について外部の視点を取り入れて確認することができます。
ISO26000が定義した社会的責任の7つの中核主題に合わせて、下記のとおり当社の取り組みをご紹介します。

アンケートにご協力ください

★印をあなたの評価と合致するところでクリックしてください

アンケートの回答には Internet Explorer 8 以降が必要です。