2025 長期経営計画 新たな顧客価値の創造

新たな顧客価値を創造し、事業活動を通じて社会課題を解決する企業グループを目指し、5つの事業領域と経営基盤を強化し、「環境と調和した共生社会」、「健康・安心な長寿社会」、「地域と調和した産業基盤」の実現に向けた取り組みを進めてまいります。

基本戦略

主要経営課題を達成し、社会に価値を提供するための3つの基本戦略

イノベーションの追求
  • 顧客起点イノベーションの推進
  • 研究開発、周辺技術・製品の獲得によるソリューション提案力強化
海外市場への展開加速
  • グループ・グローバルな拡大を目指し、自社単独での地域拡大及び提携等による海外生産・販路の強化
既存事業の競争力強化
  • IoT、AI等の先進技術活用による次世代工場構築
  • サプライチェーンを含めた聖域なき合理化

成長の方向性

5つの事業領域の使命、コンセプトの更なる深化と具体化を進める

5つの事業領域
成長を牽引するターゲット事業領域
  • モビリティ
  • 総合力を駆使したソリューションを提供し、持続的な成長により収益の柱となる

  • ヘルスケア
  • QOLに資する製品・サービスをケミカルイノベーションにより提供し、新たな成長基盤を確立する

  • フード&
    パッケージング
  • 新たな事業機会の獲得により、第3の柱に向けた事業基盤を確立する

  • 次世代事業
  • オープンイノベーションにより上記成長3領域の境界・外縁領域のソリューション事業を展開し、次世代を担う新事業を創出する

  • 基盤素材
  • コスト競争力を強化、安定収益を確保し、社会・産業の基盤となる素材を提供する

環境変化や事業ポートフォリオ変革に対応した経営基盤の強化
  • 事業支援
  • 顧客起点イノベーションの推進、グループ・グローバル経営の強化に向け、「人材・組織」、「財務・業績管理」、「情報」、「技術」の経営基盤の強化と間接業務効率化を図る

  • 生産・技術
  • 安全確保に根差した競争力強化に向け、国内最適生産体制の構築、抜本的安全対策の定着と人材の育成、海外拠点の基盤強化を図る

2025長期経営目標

顧客起点型ビジネスモデルへの転換を図り、2025年には、売上高2兆円、営業利益2,000億円、株主資本利益率(ROE)10%以上を目指し、更なる事業ポートフォリオの変革を推進してまいります。

2025長期経営目標

目指すポジショニング