コーポレートガバナンス

Corporate Governance

三井化学グループは、株主の皆様、お客様、地域の方々などステークホルダーの信頼を確保し、企業の社会的責任をまっとうするために、コーポレート・ガバナンスの充実を、経営上の最重要課題のひとつと考えています。

コーポレートガバナンス・ガイドライン

当社のコーポレートガバナンスに対する基本的な考え方や取組方針等を、ガイドラインとして取りまとめております。

コーポレートガバナンス・ガイドライン(PDF : 216KB)pdfファイルを開く

コーポレートガバナンス報告書

当社のコーポレートガバナンスの考え方や活動をご紹介します。

コーポレートガバナンス(PDF : 120.8KB)pdfファイルを開く

コーポレートガバナンスに関する施策の実施状況

法令・社則に基づき設置された諸会議を通じて広く議論を行う体制を整えるとともに、監査役機能の重視、内部監査部門の設置、リスク・コンプライアンス委員会の設置などによる内部統制システムを構築しております。

三井化学グループの行動指針

行動指針とは、三井化学グループで働く私たちが遵法精神と企業倫理に則って行動できるように、基本的な考え方や行動のあり方を定めたガイドラインです。

私たちは、社員一人ひとりの自覚ある行動の積み重ねがお客様や社会からの信頼につながるものと考え、CSR(環境・社会)の観点から抜本的に見直し、「三井化学グループ行動指針」を制定しました。

三井化学グループの考えるCSR

CSRの推進を通じて、ステークホルダーの皆様に信頼され、社員自身も誇りが持てる「いい会社」にしていくこと、および企業グループ理念で掲げる「社会貢献」、すなわち、本業を通じてステークホルダーの皆様に貢献していくことが、三井化学グループの目指すCSRです。

人材マネジメント方針

三井化学グループでは、従業員および労働市場に対する姿勢を示すものとして、「人材マネジメント方針」を制定しています。この方針は、人事施策の根底をなす価値観・考え方となるものです。

リスク・コンプライアンスマネジメント

三井化学グループは、株主の皆様、お客様、地域の方々などステークホルダーの信頼を確保し、企業の社会的責任を果たすため、経営活動の脅威となり得るすべての事象についてリスク管理の徹底を図っています。