社員を支える仕組み 多様な人材が働ける環境

三井化学グループは、「従業員は企業理念を実現するための重要なステークホルダーである」と考えています。そして「三井化学グループの持続的成長」と「従業員の幸福と自己実現」をともに実現するために、社員が働きやすい環境の整備に努めています。

仕事と育児・介護の両立を支援する制度

三井化学では、育児・介護への支援制度を充実させ、仕事との両立をサポートしています。

休暇・休業への配慮
  • 看護休暇
  • 介護休暇
  • 育児休業(男性社員の育休取得奨励を目的に、要件拡大)
  • 特別休暇
  • 介護休業(要件を拡大し、要支援状態でも取得可能に)
勤務時間への配慮
  • 育児のための短時間勤務措置
  • 介護のための短時間勤務措置
  • 時間外労働の制限(育児・介護)
  • 深夜業の制限(育児・介護)
  • 在宅勤務制度導入(育児・介護対象)
  • 会社託児所の設置
収入面への配慮
  • 出産見舞金
  • 育児援助金
  • 介護援助金
  • ホームヘルパー利用補助金
  • ベビーシッター利用料補助

育児休業・介護休業の取得実績

2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
育児休業
取得者数
女性 23人 32人 29人 33人
男性 48人 49人 67人 62人
合計 71人 81人 96人 95人
介護休業取得者数 1人 1人 1人 0人
  • ※産前産後休業、育児休業(3年間)、短時間勤務措置(3h/日、小学校3年生まで)
  • ※介護看護休暇(20日)、介護休業(365日)、介護のための短時間勤務措置、在宅勤務制度
復職をサポート

育児休業からの復職を円滑にするプログラム

中でも2014年から2017年までの3年間、重点的に取り組むテーマとして「育児休業からの復職を円滑にするプログラム」に取り組んでいます。女性が結婚し、出産を経ても、それまでに積み上げてきたキャリアを無駄にすることなく、引き続き、やりがいのある仕事と充実した私生活との調和を実現するためには、本人の努力や家族のサポートだけでは十分とは言えません。会社からの制度的な支援、職場の理解、制度を利用しやすい環境整備が必要です。復職を希望する女性社員のスムーズな職場復帰実現を目指して、今後もワーク・ライフ・バランスの推進に積極的に取り組んでいきます。

いちはら・夢広場

三井化学保育園「いちはら・夢広場」で育児をサポート

育児をしながら働き続ける社員のサポートを目的に、2009年4月、三井化学保育園を千葉県の市原工場・袖ケ浦センター近くに開設しました。園児7名でスタート、2009年度末には、定員の20名まで利用者が増え、2010年度からは定員25名に、さらに2011年度からは30名に増員しました。南側は全面ガラス張り、床暖房を備えるなど設備も充実しています。

2012年に「くるみんマーク」を取得

三井化学は、2012年5月21日付けで、次世代認定育成マーク「くるみん」を取得しました。
当社は、かねてから従業員が「生きがい・働きがい」を実感できる環境づくりに取り組んできました。これまでも短時間勤務措置、介護看護休暇、在宅勤務、ベビーシッターや介護サービスの利用補助制度など、社員が働きやすい環境づくりの施策を作庭し実行してきました。こうし取り組みが評価されたことが「くるみんマーク」認定につながりました。

子育てをサポートしています 2014.12年認定事業主