事業紹介 三井化学の仕事

三井化学には、様々なフィールドがあります。ここでは、技術系、事業・アドミ系それぞれの仕事を簡単にご紹介します。社員インタビューも併せてご覧ください。

多様な専攻を受け入れる様々なフィールドがあります。

◎大いに適している ○適している

研究開発系

  • 基礎研究

    • コーポレート研究として各事業を横断的にバックアップし、次世代を見据えた基盤技術開発、材料開発、革新的なプロセス開発などに関わる研究に取り組んでいます。化学メーカーにとって、世の中にはない新しいモノを生み出すとは最大の使命であり、その源となる触媒化学を深耕、展開させ、新機能を備えた材料、物質の創出を目指しています。

  • 製品開発

    • 事業戦略のもと、事業に直結した新製品の開発研究を行います。研究者としての卓越した専門性はいうまでも無く、顧客ニーズを発掘するための幅広い知識やコミュニケーション力が欠かせません。世界市場を舞台に熾烈な競争が繰り広げられている化学産業の中でシェアを拡大するために的確かつスピード感のある研究開発が求められます。

生産技術系

  • プロセスエンジニア

    • 生産プロセス開発

      研究で得られた成果を製造プラントにつなげるためのプロセス開発やスケールアップ検討を行います。研究開発と生産工場の中間に位置し、早期に新製品を世に提供するための鍵をにぎる重要な部門です。パイロットプラントでの試験・検討には基礎研究から応用研究、工業化技術まで、化学工学をはじめとする幅広い分野の知識が要求されます。自身の携わるプロセスが将来巨大プラントとして稼働する、化学メーカーならではの醍醐味が味わえる仕事です。

      製造の運転管理/合理化検討

      海外も含めた新規プラント建設プロジェクトのプロセス設計メンバーとして活躍します。 また、製造プラントのプロセス構築・改良を通じて、温室効果ガス削減、効率的操業、品質改善等に取り組みます。 複雑な技術で構成されている化学プラントを理解し、コンビナート全体の最適運営も配慮します。化学工学を基礎とした幅広い分野の知識・技術を駆使し、巨大なプラントを思い通りに操り、いかにお客様に満足してもらえる品質の製品を生み出すかが腕の見せ所です。

  • 設備エンジニア

    • プラント設備の設計・建設・改造から設備保全に至るエンジニアリング業務を行っています。自社で開発した生産プロセスを最新鋭の技術を盛り込んで製造プラントとして作り上げます。また、科学的手法による設備の維持管理を追求しています。材料、機械、電気、制御、化学工学、物理など広範な分野の技術を組み合わせた総合技術が必要となります。今、アジアを中心に海外でのプラント建設に携わる機会が増大しています。

専攻と関係なく、全学部全学科から募集します

事務系

  • 営業

    • 当社の営業は単なる製品の販売に止まらず、マーケティングから企画・戦略策定までを担う、いわば事業家です。当社の技術と世の中のニーズとをマッチングさせ、新しい価値を創造するためには、製品知識だけではなく、顧客ニーズを正確に捉えるためのコミュニケーション力、市場のトレンドをつかむ洞察力が必要とされます。

アドミ系

  • 法務

    • 法的専門知識に基づき、国内外の契約書類作成・審査、プロジェクト支援、法的紛争対応等のリーガルサービスの提供、ならびに誠実で健全な企業風土の醸成(コンプライアンス徹底)を通じて事業発展に貢献する部署です。今後は当社のグローバル展開やM&Aの促進などでますます活躍の場が広がると思われます。

  • 経理・財務

    • 会計というツールにより三井化学企業グループの姿を「見える化」し、社内外への財務報告を行うとともに、予算の策定と管理、財務戦略の策定と実行などを通じて、経営の補佐を行っています。また、会計、税務、資金などにおける専門的な立場から、近年増加しているM&Aなどの各種プロジェクトにおいても、重要な役割を果たしています。当社は本社財務部・予算管理部の他に、事業所、事業部、内外の関係会社などに財務・経理系スタッフを配置し、様々な業務をサポートしています。今後、一層のグローバル化の進展とともに、財務・経理部門のさらなる活躍の場が広がっていきます。

  • 広報

    • 経営方針や事業の状況等を中心とした当社に関する情報を、様々なステークスホルダーに対して発信し、当社に対する正しい理解と評価を得、それをもって当社に対する信頼を得ていくことが主な役割です。新聞・テレビ等のマスメディアを通して幅広いステークスホルダーに対する社外広報、株主や投資家に対するIR、従業員や家族に対する社内広報からなります。近年、当社としても経営の基本として位置づけているCSRへの取組みに関する情報発信も、当社の姿を正しく理解・評価していただくために広報の役割は重要です。

  • 人事

    • 採用、配置、育成、評価、組織編成などの企画・実行を通じ「人材」の最適化を担う部署です。経営ビジョンに添った戦略的な視点と、従業員が業務遂行を通じて満足感を得られるための、人事施策に立脚した人材マネジメントを行い、人的生産性の向上に寄与しています。

  • 物流・調達

    • 原料調達から製品デリバリーまでの、スピード・内容・コスト等を最適化するサプライチェーンマネジメントを展開し、コスト削減や顧客満足度の向上に大きく貢献しています。